2018/06/26

保育施設71園が学生に特色紹介 就職説明会

説明会・セミナーのイラスト
佐賀新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

県内の保育施設への就職を検討する学生らを対象にした説明会が24日、佐賀市神園の西九州大佐賀キャンパスで開かれた。約300人が各園の保育方針や特徴などを熱心に聞いて回り、将来の参考にしていた。

 県保育会(指山健次郎会長)が2012年度から毎年開催。71の園を運営する法人が55のブースを設け、担当者が施設の特色などを紹介した。学生からの要望で、今年から給与など処遇面の説明も始めた。

 小城市出身で福岡県内の大学に通う4年生の女子学生(22)は「たくさん園があるので、まずは知るところからのスタート。自然の中での遊びに力を入れているような保育園を探している」と話していた。

 保育士不足は全国的な課題。県保育会によると、人材確保を目的に説明会に参加する施設は年々増加しているという。指山会長は「求人を出したら来るという時代ではなく、園のPRをしっかりすることが必要。保育の道を志す人にはぜひ地元で働いてもらいたい」と話した。

------------------------------------------------------------------------------------------------