2018/06/04

香川)待機児童108人に半減 高松で施設の新設進む

â– 
朝日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 県内の認可保育所などに入れない待機児童が4月1日現在で108人と、前年同期の227人から半減した。県のまとめでわかった。減少傾向は2年連続。待機児童の大半を占める高松市で保育施設の新設が進んでいることが影響した。

 待機児童が発生したのは4市1町。最多は高松市の62人で、前年同期の224人から4分の1ほどに縮小した。丸亀市は36人で、多度津町8人、坂出市、観音寺市各1人と続いた。

 高松市は私立の認可保育所の新設などにより、前年に比べて認可施設の定員が544人分増えた。政府が待機児童解消の切り札として設置を後押ししている認可外の企業主導型保育所も1年で11件(定員195人分)増え、待機児童が減った一因になった。

 丸亀市は待機児童に数える対象

------------------------------------------------------------------------------------------------