2018/06/13

水戸市 定員増で30人に 前年比83人減 /茨城

キッズスペースのイラスト
毎日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

水戸市は11日、4月1日時点の待機児童数が30人となり、前年同期より83人減ったと公表した。高橋靖市長が目標に掲げる「待機児童ゼロ」は実現できなかったが、認可保育所の整備などで定員を増やしたのが奏功した。

 水戸市の2017年4月1日時点での待機児童数は113人で、県内ではつくば市(114人)に次いで2番目に多かった。市は17年度、認可保育所を3カ所新設したほか、市内の保育現場に復帰する保育士に一時金として一律10万円を給付する補助金も創設し、待機児童の減少を図ってきた。

 市は19年4月1日時点での待機児童ゼロ達成を目指しており、高橋市長は「公立幼稚園の認定こども園への移行や、新卒保育士の確保策も検討している」と話した。【太田圭介】

------------------------------------------------------------------------------------------------