2018/06/18

学童保育、職員基準緩和へ 人材確保難の地方に配慮

厚生労働省のイラスト
徳島新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

共働きやひとり親家庭の小学生を預かる「放課後児童クラブ」(学童保育)に関し、厚生労働省が運営基準の緩和を検討していることが17日、分かった。現在は1カ所につき職員2人以上の配置を義務付けているが、人口減少で人材確保が難しい自治体側から、職員1人も認めるべきだとの声が相次いでいることに対応する。夏にも具体的な見直し案を示し、年末までに正式決定する。

 学童保育は市町村や社会福祉法人などが運営し、昨年5月時点で全国に約2万5千カ所ある。職員数の基準は、子どもの安全確保を目的に2015年度に導入。預かる児童が数人の場合でも、常時2人以上の職員が必要になった。

------------------------------------------------------------------------------------------------