2018/07/18

保育士確保へバスツアー 小郡市内の全保育所 学生や有資格者ら見学 [福岡県]

スクールバス・通学バスのイラスト
西日本新聞さま
------------------------------------------------------------------------------------------------

小郡市と市保育協会は、保育士を目指す学生や資格を持ちながら働いていない「潜在保育士」などを対象に市内で就職ガイダンスを開いた。昨年に続き2回目。各保育所が設けたブースでの情報提供のほか、初めて市内の全保育所を回るバスツアーがあった。

 5月現在で市の待機児童は3人だが、希望の園に入れていない子どもは30人。定員を超えて受け入れている園もあり、保育士確保は切実な問題になっている。保育協会の梶原潔代表は「都会の園が就職先に選ばれる傾向もある。足を運んでくれた人に、選択肢に加えてもらえたら」と期待を寄せた。

 6月30日にあったガイダンスには約20人が参加した。より具体的に各保育所の特色を知ってもらおうと実施したバスツアー。訪れた先では参加者が施設や子どもの様子を見学しながら、それぞれの園の特色などについて質問していた。大学4年の平田愛実(えみ)さん(21)は「自分だったらどう働くか、具体的にイメージできた」と真剣な表情だった。

=2018/07/18付 西日本新聞朝刊=

------------------------------------------------------------------------------------------------