2018/07/27

熊本)地震で被災、益城の保育所、移転工事始まる

モグラの工事作業員のイラスト
朝日新聞デジタルさま
------------------------------------------------------------------------------------------------

 熊本地震で建物や地盤に被害を受け、使えなくなった益城町立第五保育所を新たな敷地で新築する工事の安全祈願祭が24日、同町福原であった。来年1月末には完成する予定。

 第五保育所は2016年の熊本地震で建物が半壊し、敷地を支える擁壁が崩れた。敷地の真下に断層が通っていることもわかり、移転を求める保護者の要望も受けて町が移転・新築を決めた。町内の五つの保育所と二つの幼稚園のうち、唯一建て替えが必要となった。

 新しい敷地はJA上益城集配センターの駐車場の一部を町が3400万円で買い取った。このほか、造成にかかると見込まれる4500万円と建築費2億3600万円は、国から一部補助を受ける。

 地震発生当時、第五保育所に通っていた子どもたちは、同町木山の町情報交流センター近くのプレハブの園舎で2年3カ月過ごした。西村博則町長は「仮設園舎の子どもたちがとても喜ぶ。新しい保育所が地域の活性化につながれば」と話した。(池上桃子)

------------------------------------------------------------------------------------------------