2018/07/05

首長12人集め対策協 解消へ初開催 県が10日 /岡山

駄々をこねる子に困る父親のイラスト
------------------------------------------------------------------------------------------------

待機児童の解消に向け、県は10日、待機児童を抱える12市町の首長を集めた対策協議会を初めて開く。保育士の確保や受け皿整備といった主な課題について協議し、子育て環境の改善を目指す。

 協議会は、4月に施行された改正子ども・子育て支援法に基づき設置された。市町村の境を越えた児童の受け入れや、空き定員のある施設を有効活用するため情報の「見える化」、保育士の人材確保などについて具体案を話し合う。2017、18年度に待機児童がいる7市5町が参加する。

 県子ども未来課によると、県内の待機児童数は6市町で計698人(4月1日時点)で、前年同時期より350人減っている。698人の内訳は、岡山市551人▽倉敷市125人▽早島町8人▽玉野市7人▽和気町4人▽里庄町3人。

 岡山市では保育所を増設して受け皿を増やしたが、入所希望者が定員を上回る状態が続いている。県の担当者は「各自治体の要望を集約して、県でどんな支援ができるのか話し合い、具体策に着手したい」と話している。【高橋祐貴】

------------------------------------------------------------------------------------------------