2018/07/27

英語で学ぶ保育施設…ISN、長野市で2019年4月開園

英語を勉強する女の子のイラスト
リセマムさま
------------------------------------------------------------------------------------------------

国際バカロレア認定校のインターナショナルスクールオブ長野(ISN)は2018年7月24日、2歳以上の未就学児が英語で学ぶ保育施設「ISN長野キャンパス」を2019年4月に開園すると発表した。2019年度は2歳児24名と3歳児15名を募集する。

 インターナショナルスクールオブ長野(ISN)は、長野県松本市にある、生徒数約100名の2歳児から小学部までのインターナショナルスクール。国際的な視野を持った人材を育成する「国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)」プログラムの認定校。「南松本キャンパス」「島内キャンパス」に加え、2019年4月に「長野キャンパス」が開園する。

 長野キャンパスは、雄大なアルプスの山々に囲まれた長野県長野市に所在。2歳で生活を通し英語を「聞く」「理解する」力をつけ、3歳(年少クラス)で短い文を英語で話す。4歳(年中クラス)でより複雑な表現で英語を話し、単語を読み、書くことができ、簡単な本を読めるようになる。5歳(年長クラス)でより自由に英語で会話を楽しめ、自分の意志で読み書きができるという。日本語による指導もある。

 2019年度の募集は、2歳児24名と3歳児15名。先生の人数は生徒約6名に1名。各クラス外国人担任と日本人アシスタント1名がつく。学費や1日のスケジュール例、説明会などの詳細はWebサイトで確認できる。
《工藤めぐみ》

------------------------------------------------------------------------------------------------