2015/09/11

大阪府内の児童虐待通告、全国最多の3033人 摘発事件数も過去最多更新

泣く子どものイラスト(ソフト)


産経ニュース
------------------------------------------------------------------------------------------------
府警は10日、虐待を受けた疑いがあるとして、今年上半期(1~6月)に児童相談所に通告した18歳未満の子供の数が、過去最多の3033人に上ったと発表した。前年同期と比べて3割以上(740人増)の伸びで、全国の都道府県で最も多かった。
 通告した児童が受けた虐待の態様別では、暴言や子供の前での夫婦間暴力などの「心理的虐待」が1987人(前年同期比630人増)が最多で、全体の約65%。身体的虐待は654人(同31人増)、育児怠慢・拒否(ネグレクト)は385人(同82人増)と続いた。
 市民から府警に寄せられた児童虐待の通報件数も前年同期より1割以上多い2238件で、府警少年課は「児童虐待に対する意識の高まりが増加につながっているとみられる」としている。
 児童虐待の摘発事件数(31件、同16件増)、摘発人数(34人、同18人増)も過去最多を更新し、いずれも全国で最も多かった。事件別では、傷害12件▽暴行6件▽殺人未遂3件-などで、大阪市住吉区の自宅で生後3カ月の長男に暴行を加えて死亡させたとして父親を傷害致死容疑で逮捕するなど、死亡事案も3件あった。
------------------------------------------------------------------------------------------------