2015/09/08

青森)保育所幼児も肥満傾向、むつ地域で顕著



アピタル
------------------------------------------------------------------------------------------------
 県内の保育所に通う幼児の肥満傾向を調べた初の調査結果が26日、県の検討委員会に示された。県内の幼稚園児の肥満傾向の割合が高いことは国の調査で示されていたが、保育所の幼児についても同様に肥満傾向が高い結果となった。

 調査は、2014年度に県内の保育所に通う3~5歳児約1万2千人の身長、体重などのデータを集計した。調査結果によると、標準体重を20%以上上回る(肥満度20%以上)幼児は、4~7月は4・37%で、11~3月では6・36%だった。成長の変化が分かるよう、年度前半と後半のデータからまとめた。

 計算式が違うため直接の比較はできないが、14年度の文部科学省の学校保健統計調査で県内の幼稚園に通う5歳児の肥満度20%以上の割合は5・90%で、全国ワーストだった。今回の調査で保育所の幼児についても同様に肥満傾向が高いことが初めて分かった。県内の6地域のうち、むつ地域は、4~7月が6・64%、11~3月が9・30%と肥満傾向が特に高かった。

------------------------------------------------------------------------------------------------