2016/05/24

「育児は夫婦同じに」日本33%=欧州3カ国より低く-少子化白書

輪になっておどるこどもたち(カラー)


時事通信
------------------------------------------------------------------------------------------------
政府は24日、2016年版「少子化社会対策白書」を発表した。この中で、日本と英国、フランス、スウェーデン各国で子育て世代を対象に行った意識調査の結果を紹介。育児を「妻も夫も同じように行う」と考える人の割合は、日本が33.2%と最低だった。政府は男性の育児休暇取得を促しているが、国民の意識改革も求められそうだ。
 育児を誰が担うかについて、「妻も夫も同じように」とする回答は、スウェーデンが93.9%と最も高く、英国64.6%、フランス50.6%と続いた。一方、「主に妻が行い、夫も手伝う」と答えた人は、日本が55.0%と半数を超えたのに対し、フランス33.3%、英国31.4%、スウェーデン5.0%だった。
 「希望する人数まで子供を増やしたい」と望む人の割合は、日本は46.5%。欧州側は英国73.8%、スウェーデン63.9%、フランス60.6%といずれも高かった。
 「結婚生活にお金がかかる」と不安視する人は、日本が37.3%で最多。英仏両国は2割強、スウェーデンは1割未満だった。恋愛で「自分から積極的にアプローチする」は、スウェーデン37.3%、日本20.0%、フランス15.8%、英国13.9%の順だった。
 調査は15年10~12月、4カ国の20~49歳男女計約3000人を対象に個別面接方式で実施。欧州3カ国は出生率が回復傾向にある。(2016/05/24-09:29)

------------------------------------------------------------------------------------------------