2016/06/21

高校生160人が育児体験 離乳食に絵本読み聞かせ… 西宮


産経ニュース
------------------------------------------------------------------------------------------------
 西宮市立西宮東高校(同市古川町)で20日、育児の大変さを学ぶ授業「赤ちゃん先生」が行われ、1年生約160人が乳幼児を抱っこするなどして“子育て”を体験した。
 若い世代に、将来親になったときのための心構えを学んでもらおうと、市とNPO法人「ママの働き方応援隊」(神戸市中央区)が開いた。同校では昨年度に続き2回目。
 この日は、0~3歳の乳幼児と母親計25組が協力。武道場で、生徒6、7人でグループに分かれて子育てに挑戦した。
 母親から赤ちゃんを抱っこする際に「首をしっかり支えて」などと注意を受けた後、生徒らは赤ちゃんに離乳食を食べさせたり、おむつを替えたりしたほか、絵本を読み聞かせたりといった育児を体験した。突然、赤ちゃんが泣き出し、戸惑う生徒たちもいた。
 升岡豊さん(15)は「笑い返してくれるところに癒やされた。家族が大切に育ててくれたから今の自分があると感じられた」と笑顔だった。
 同法人の森田美香さん(44)は「赤ちゃんと接することで、家族の日頃の苦労や子供を思う気持ちも一緒に感じてもらえたら」と話していた。
------------------------------------------------------------------------------------------------