2016/07/28

認可外保育所で職場体験 学生随時受け入れ つくば

               認可外職場体験受け入れ
常陽新聞
------------------------------------------------------------------------------------------------
保育士を目指して専門学校や短大、大学に入学しても、実習の授業などを機に保育士になることを諦めてしまう学生が少なくないことから、高校生以上を対象に職場体験を随時受け入れている。

 高橋園長は、実習の授業で初めて保育の現場を体験し、うまくいかず自信を無くしたり、抱いていたイメージと現実とのギャップを感じる学生が少なくないと言い、「専門学校などに入学する前の高校生のときに、自分に合った職業か体験してもらえれば」と話す。ほかに、保育に関わりたいという社会人の職場体験なども受け入れている。

女子学生の受け入れ経験に
 同園では、病気になり、大学を休学中の女子学生の職場体験を受け入れた経験がある。認可保育園なら、保育に関わらせることはできないが、認可外の強みを生かして半年間、有償ボランティアとして保育に関わってもらった。

 女子学生の体調をサポートしながら、体力がなくても働き続けられる環境を整えるなどした。さらに同園が、千葉県内の専門学校から教員を招き、保育士の研修を実施しているなどの縁で、女子学生に専門学校を紹介するなどした。

 女子学生は大学を中退し、同専門学校に入学。授業の実習などは、同園ですでに子どもたちと関わる経験をしていたことから、つらいと感じたり、自信を無くすことはなかったという。女子学生は資格を取得し、現在、保育士として同園に勤めている。

 同園はほかに、保育士資格がない元小学校教員など多様な人材を受け入れ、支えてもらっているという。高橋園長は「保育士になる道はいろいろあり、給料など待遇面も改善されつつあるので、自分に合っているかどうか現場で体験してほしい」と話す。

 ハローワークでは、保育の仕事に転職を希望する社会人向けの研修制度などもあるという。高橋園長は「職場体験した人の中から、一人でもこの保育園で働いてくれる人がいてくれば」という。
------------------------------------------------------------------------------------------------