2016/07/29

ポーランドでウクライナ兵士による女子供殺害の説明書が公開される


Sputnik 日本
------------------------------------------------------------------------------------------------
ポーランドの国家記銘院がウクライナ蜂起軍の書類を公開した。そこには、女性や子供を殺す命令が書かれていた。 ポーランドの『Dziennik Wschodni』紙が報じた。

書類は16年3月ポーランドのChochłów村で偶然発見された。そこには森での生き延び方、「ポーランドの武装勢力から地元ウクライナ人を守る方法」などのの説明が書かれていた。その中に、必要であれば女性も子供も殺す必要があるとかかれていた。ウクライナ蜂起軍のメンバーには、ポーランド系の夫もしくは妻を殺すことも推奨されていた。
7月22日ポーランド下院は、ヴォルィーニの悲劇は大虐殺であると最終的な決定を下し、7月11日をこの大虐殺の犠牲者の記念日に決定した。これはウクライナ最高議会の憤慨を招いた。

ヴォルィーニ大虐殺とは、1943年におきたウクライナ蜂起軍によるポーランド民族の虐殺だ。虐殺の犠牲者の数は3万人から10万人と説によって幅がある。

先に伝えられたところによると、1945年、アドルフ・ヒトラーは、10年間住んでいアルゼンチンに避難を求めた可能性がある。
------------------------------------------------------------------------------------------------