2016/07/19

東京都知事選 “待機児童問題”

テレビ朝日
------------------------------------------------------------------------------------------------
連休最終日の18日、東京都知事選の各候補者は炎天下のなか各地で支持を訴えた。今回の都知事選の争点の一つ「待機児童問題」について、小池百合子氏(64)は、「日本の女性が残念ながら十分に生かされてなかった。女性の政策を正面に持ってきて、表玄関に据える」としている。自民党と公明党が推す増田寛也氏(64)は、「保育所の問題は区に権限がある。知事になったら1カ月以内に全区長と話し、地域別の待機児童解消で緊急プログラムを作る」と主張。民進党と共産党など野党4党が推す鳥越俊太郎氏(76)は、「一刻も早く何とかしなきゃいけない問題。一つはちゃんと施設を作る、もう一つは保育士の給与を改善する」と訴えた。都知事選には、このほか高橋尚吾氏(32)、谷山雄二朗氏(43)、桜井誠氏(44)、マック赤坂氏(67)、山口敏夫氏(75)、山中雅明氏(52)、後藤輝樹氏(33)、岸本雅吉氏(63)、上杉隆氏(48)、七海ひろこ氏(32)、中川暢三氏(60)、関口安弘氏(64)、立花孝志氏(48)、宮崎正弘氏(61)、今尾貞夫氏(76)、望月義彦氏(51)、武井直子氏(51)、内藤久遠氏(59)が立候補している。投票日は31日で、即日開票される。
------------------------------------------------------------------------------------------------