2016/10/24

人工知能で保育支援 名古屋の企業


中日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
保育関連サービスのベンチャー企業「ユニファ」(名古屋市)は、保育士やロボットから集めた園児の情報を人工知能(AI)で分析し、保育園の業務を支援する「見守りサービス」を開発する。来年九月の完成を予定し、ITによる効率化で保育現場の人手不足の改善を目指す。
 保育士にスマートフォンを持たせ、園児の食事や発達の記録などを入力してもらう。三秒で体温が測れる通信機能付き体温計や、センサーを取り付けて昼寝中の呼吸数をチェックするベッド、ユニファが開発し会話や写真撮影ができる人型ロボット「ミーボ」などの機器からは、子どもの健康情報を収集する。
 保育士が入力した情報と組み合わせて、AIで分析。ベテランの保育士でないと気付かないような小さな子どもの変化も読み取り、保護者と連携して園児の体調管理に役立てる。データの入力をできる限り自動化し、保育士の日常業務の負担を軽減させる。
 すぐれた他の園のノウハウを共有するなどして、保育サービスの向上にもつなげたいという。
 ユニファは二〇一三年創業。保育士にスマホで園児の写真を撮ってもらい、園内の子どもの様子を知りたい保護者が写真を閲覧したり購入したりできるサービスを手掛けている。
------------------------------------------------------------------------------------------------