2016/10/29

子供の変化を見逃すな いじめ・不登校、過去最高に


日本経済新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
学校現場が子供の悩みや変化にいち早く気づくための取り組みを強めている。文部科学省が公表した2015年度の問題行動調査では、いじめの認知件数や不登校の子供の割合が過去最高の水準に達し、支援の必要性が浮き彫りになった。一部の自治体では子供の相談に乗る専任教員の配置やきめ細かいアンケート調査などの対策が効果を上げ始めている。
------------------------------------------------------------------------------------------------