2016/10/28

子どもの貧困 基地の街から/3 民間主導、割高な保育 生活に負担、就労の妨げに



毎日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
 夕方が近づくと、沖縄市中心部の商店街の一角にある子どもの一時預かりルームに、母親たちが足早に駆け込んで来る。就職活動中の親の子どもを預かるため、NPO法人「こども家庭リソースセンター沖縄」が5年前に市の委託事業で開いた。
 8月から職業訓練学校に通う女性(32)も先月まで3歳と1歳の姉妹を預けていた。母子家庭で育ち高校進学をあきらめた女性は中学卒業後、沖縄県外に出て工場で働き、5年前に結婚を機に戻ってきた。しかし、居酒屋で働く夫の手取り月収約18万円だけでは家計が苦しい。自分も働こうと仕事を探したが見つからず、パソコンなどを習うため職業訓練学校に通い始めた。
------------------------------------------------------------------------------------------------