2016/10/19

イクメン受賞の柔道・井上監督「妻がもらうべきもの」 卓球・水谷は「卓球やらせたい」


スポーツ報知様
------------------------------------------------------------------------------------------------
 リオデジャネイロ五輪柔道男子日本代表の井上康生監督(38)と、卓球男子シングルス銅、団体銀の水谷隼(27)=ビーコン・ラボ=が19日、東京・らぽーと豊洲で「イクメン オブ ザイヤー2016」の授賞式に出席した。
 井上監督は4児のパパで、育児中のシーンとして双子の次女、三女(1歳)に食事を与えている写真を公開。「あまり家にいられないので、イクメンと呼ばれていいか、分からない。この賞は妻がもらうべきもの」と照れた。
 水谷は2歳の長女が卓球台の上に座っている写真を披露した。地元の静岡・磐田市に帰省した際に撮ったもので、すでに「ラケットを持って素振りをしたりしている」という。自身も卓球経験者の両親から英才教育を受けており、「卓球はやらせたいですね。プロでやっていける人間は少ないですが」と話していた。
 授賞式には3児の父でモデルのユージ(29)、キャラクター部門でキティちゃんの父、ジョージ・ホワイトも出席した。
------------------------------------------------------------------------------------------------