2016/10/19

大きな遊具、園児大喜び 益城の保育所に寄贈


くまにちコム様------------------------------------------------------------------------------------------------
 東日本大震災の被災地に遊具を贈っているNPO法人「プレイグラウンド・オブ・ホープ」(東京都)と、たばこ輸入・販売の「フィリップモリスジャパン」(同)が15日、熊本地震で被災した益城町の第五保育所にすべり台などを備えた遊具を贈った。同保育所は町総合運動公園内のプレハブで園児を受け入れており、仮の園庭は遊具が少なかったため、子どもたちは大喜びで遊んだ。

 同町福原にあった同保育所は地震で建物が傾き、9月に現在地に移った。芝生広場を柵で囲った仮の園庭には、元の場所から運んできた小さなすべり台などしかなかった。
 遊具は米国製で、高さ約3・8メートル。小屋のような形で、筒状のすべり台やうんていなどを備えている。
 早速遊んだ金光玲那[かなみつれな]ちゃん(6)は「うんていにぶら下がるのが楽しい。もっとたくさん遊びたい」とはしゃいでいた。(益田大也)

------------------------------------------------------------------------------------------------