2016/11/27

新たに就職する保育士に5万円分の商品券 東京・杉並区


NHK NEWS WEB様
------------------------------------------------------------------------------------------------
東京・杉並区は不足する保育士を確保しようと、区内の保育施設に来年度、新たに就職する保育士を対象に、5万円分の商品券を配る方針を固めました。
待機児童の解消を目指して都内各地で保育施設の整備が進められ、保育士の獲得競争が激しさを増す中、杉並区は区内の保育施設に来年度新たに就職する保育士を対象に、区内で使える5万円分の商品券を配る方針を固めました。
商品券の配布は、区外で働いている保育士を引き抜くことにならないよう、過去3年間、保育士として勤務した経験がない人を対象とし、新卒の保育士や資格を持ちながら仕事をしていない、いわゆる「潜在保育士」の確保につなげたい考えです。
区では来年度20か所に認可保育所の開設を予定するなど、新たにおよそ250人の保育士が必要になるということで、担当の職員らが保育士の専門学校などを回って、独自の新しい方針のPRを進めています。
杉並区保育課の渡邊秀則課長は「人材獲得競争が激しい中で、区として何もしないのではなく、1人でも多く杉並区の保育園に来る選択をしてほしい」と話しています。
------------------------------------------------------------------------------------------------