2016/11/02

ネット入札を通し、子育て用品再利用 「ヤフー」と連携協定締結 全国初の事業、来年から開始 /長崎


毎日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
市民から無償提供、オークション益金→子育ての支援事業
 大村市は31日、インターネット検索大手「ヤフー」(東京)と、オークションを通じた子育て用品の再利用に関する連携協定を結んだ。市は、市民から無償提供されたベビーカーやベッドなどを同社のネットオークションに出品し、益金で絵本の貸し出しなど子育て支援事業を実施する。子育てに関して自治体とヤフーの協定は全国初という。
     市と同社によると、協定に基づき「子育て応援リユースプロジェクト」を実施する。市は、不用になった子育て用品を市民の間で再利用することで育児環境の向上を図り、ヤフーはオークションのPRや利用者拡大につなげる狙い。記者会見で園田裕史市長は「若い母親たちから子育て用品再利用の仕組みづくりを望む声が強かった」と話した。
     事業は、11月6日午前11時、大村市の市民交流プラザ前ステージで、市民らが市に持ち込んだ子育て用品の公開競り市▽12月~来年1月、市民向け不用品の活用法講座▽来年2、3月、ヤフーのサイトで、大村市民だけが落札できる子育て用品オークション開催。問い合わせは同プロジェクト実行委0957・51・1048。【中尾祐児】
    ------------------------------------------------------------------------------------------------