2016/12/01

子どもの権利保障テーマに、社会の仕組み考える 福岡都市圏のNPOなど、福岡市で3・4日 /福岡


毎日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
福岡都市圏の子ども・子育て支援NPOなどでつくる「子どもにやさしいまちづくりネットワーク」(事務局・福岡市中央区)の第15回市民フォーラムが3、4の両日、同市早良区百道2の早良市民センター会議室で開かれる。
     テーマは「子どもの権利を保障する社会の仕組みづくりへ」。3日午後1~4時は、長崎国際大講師でスクールカウンセラーの大西良さんが基調講演。大学に親子を招き、文化体験や食事を楽しんでもらう「I have a dream!プログラム」や海外の事例から支援の形を考える。リレー報告では、4月の熊本地震で被災した子どもたちを支えた電話相談活動などを報告する。
     4日は、午前10時~正午に若者シンポジウム。性的少数者の若者支援に携わる「FRENS」の石崎杏理さんやスクールソーシャルワーカーなど、社会課題に関心を持つ若手パネリストが語り合う。午後1時~3時半の分科会では、児童福祉法改正の影響▽子ども食堂から見える子どもたち▽外国籍など文化背景が異なる子どもの支援▽乳幼児保護者のサポート▽思春期の性--など10のテーマを掘り下げる。
     2日間を通じて資料代1000円(18歳以下は無料)。問い合わせは子どもNPOセンター福岡092・716・5095。【青木絵美】

    ------------------------------------------------------------------------------------------------