2016/12/12

大槌町の人口減対策本格化 病後児保育など導入へ


岩手日報様
------------------------------------------------------------------------------------------------
大槌町は人口減少に歯止めをかけようと「安心して結婚・出産・子育てができるまちプロジェクト」を本格化させる。町が本年度、取り組みを始め、目玉事業が国の地方創生推進交付金の対象に選ばれた。今月、婚活イベントを開くほか、今後は病後児保育事業にも乗り出す予定で、結婚から子育てまで切れ目のない支援体制を整える。
 同プロジェクトは町地方創生総合戦略の一環で、本年度からの3年計画。初年度の事業費は756万円で、このうち半分は同交付金を活用する。
 主な交付金事業は、20~40歳を対象とした婚活イベント「おおつちイブコン」を今月24日に開き、若い男女に出会いの場を提供する。
 子育て支援では、病気の回復期にある子どもを一時的に預かる病後児保育を町内の民間保育園への委託で導入予定。女性の社会進出に合わせて事業所の従業員向けに子育て支援セミナーを企画し、男性の育児休暇の取得率向上を目指す。
------------------------------------------------------------------------------------------------