2017/01/11

待機児童「17年度解消」49%…保育士不足で


YOMIURI ONLINE様
------------------------------------------------------------------------------------------------
政府が2017年度末までに待機児童の解消を目指すなか、待機児童の多い全国の137自治体に、待機児童ゼロの達成時期を尋ねたところ、「17年度末まで」と答えたのは67自治体と半数にとどまることが、読売新聞の調査で明らかになった。

全国的な保育士不足に加え、都市部では保育需要の伸びが予想を上回っていることなども影響しているとみられる。
 137自治体のうち、政府の目標通り、17年度末までに達成する予定としたのは計67自治体で49%だった。一方、「18年度以降」は25自治体、「未定、分からない」が42自治体で、合わせて67自治体(49%)が目標達成を見通せない状況だった。3自治体は回答しなかった。
 待機児童の多い東京都内では、「18年度以降」または「未定」が40市区のうち24市区と60%に上った。
------------------------------------------------------------------------------------------------