2017/01/24

広島電鉄 社内に保育所 学童の併設も検討 来年4月 /広島


毎日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
広島電鉄(中区)は来年4月、同社やグループ会社の従業員が利用できる企業内保育所を新設する。従業員の働きやすさや安定した人材の確保につなげる目的。
     建設予定地は、本社から約100メートルの駐車場。約635平方メートルの敷地に、鉄筋2階建ての建物を建設する。1階は保育施設とし、未就学児約20人の受け入れを想定している。名称や保育内容などは検討中だが、年中無休で運営し、一時保育も実施する方針。
     2階は地域交流のスペースを設ける計画。従業員から「小学生の子供が長期休みに入った時に困っている」との声もあり、夏休み期間などに2階で学童保育が実施できないか検討している。
     広電は、子育てや介護を担う従業員が働きやすいよう環境づくりを進めているという。保育所の建設費用は、内閣府が昨年4月に導入した企業内保育所の助成制度を利用する考え。担当者は「将来の人材確保につながる。働きやすい環境づくりを進めたい」と話している。【寺岡俊】

    ------------------------------------------------------------------------------------------------