2017/02/02

御坊の800人超中毒 幼稚園・小中学校やっと再開…マスク姿で登校


産経WEST様
------------------------------------------------------------------------------------------------
和歌山県御坊市の公立幼稚園と小中学校で給食を食べた800人超が腹痛などを訴えた集団食中毒で1月27日から休校、休園措置が取られていた幼稚園と小中学校で2日、授業が再開された。給食からノロウイルスが検出され、県は感染経路などを調べている。
 御坊小学校では、この日、午前7時半ごろからマスク姿の児童らが登校。教員らは一人一人の健康状態を確認し、二次感染を防ぐため、手洗いやうがいの徹底を指導した。
 市では1月27日、公立幼稚園4園と小中学校11校の園児や児童、生徒ら804人が下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴えた。1月25日に提供されたホウレンソウやちくわなどをあえた「磯あえ」からノロウイルスが検出され、御坊保健所は給食センターを28日から2月10日まで営業停止処分とした。
------------------------------------------------------------------------------------------------