2017/02/28

空き家を保育施設に 横浜市長が議会答弁 18年度の開設目指す


東京新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
横浜市の林文子市長は二十四日、市議会本会議で「空き家を保育施設に活用できないか検討する」と答弁した。二〇一七年度は空き家の情報収集と改修、事業者募集をし、早ければ一八年度に保育施設としての開設を目指す。
 林市長は「(一戸建ての空き家は)庭を遊び場として活用できる」と利点を強調。認可保育所に転用するには、広さや調理場などの施設基準を満たさないため、小規模保育施設としての活用を想定する。耐震性、耐火性で問題ない空き家について、所有者に市の補助で内装を改修してもらい、保育事業者が借り受けて開設する。
 市内には三万戸近い空き家があるが、空き家が多い地域ほど少子高齢化が進み、保育需要が比較的少ないという矛盾もある。市の担当者は「まず、保育需要の高い地域にある空き家の情報を集めたい」と話した。
 空き家の保育施設としての活用策は東京都が昨年秋に発表し、補正予算を組んだ前例がある。 (志村彰太)
------------------------------------------------------------------------------------------------