2017/04/22

保育士配置、基準緩めて…国要請、受け入れ2自治体のみ


朝日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
厚生労働省は18日、昨年3月に打ち出した待機児童解消に向けた緊急対策の実施状況を明らかにした。対策の柱だった保育士の配置基準の緩和要請を受け入れたのは2自治体のみ。質の低下を懸念する意見が根強く、効果は限定的だった。
 昨年10月時点の状況を各自治体に調査し、この日の自民党の部会で示した。
 対策の対象は、待機児童の多い地域を中心とする401自治体。1人の保育士がみる子どもの人数について国の基準(1歳児で6人に1人など)より手厚い独自基準を設けている152自治体には、国基準まで緩めるよう要請した。
 43自治体は独自基準を上回る子どもを受け入れていたが、大半が緊急対策前から実施。昨年3月以降に緩めたのは2自治体だけだった。今後も予定がない自治体は94で、待機児童の多い東京都中野区の担当者は「保育の質の確保を考えると難しい」と話す。
 同様に国基準より厳格な子ども
------------------------------------------------------------------------------------------------