2017/07/05

パワハラで臨時職員を戒告 岐阜市の保育所


産経ニュースwest様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 岐阜市は3日、病気で休んでいる同僚の女性保育士に仕事の指示を出すなどのパワーハラスメントをしたとして、同市の保育所に勤務する臨時職員の女性(44)を戒告の懲戒処分とした。
 市によると、臨時職員は昨年夏ごろ、園児の昼寝布団の敷き方を巡り、20代の女性保育士に強い口調で指示し、過呼吸を起こさせた。
 今年1月には、インフルエンザで休んでいた同じ保育士に対し、予定表やおもちゃづくりなどの業務をLINE(ライン)を通じて要求した。保育士はそのまま仕事に復帰せず、現在も休職中という。4月に保育士が相談して発覚した。
 市は「臨時職員の行為は、市民の行政に対する信頼を大きく損なうもので、その責任は非常に重い」としている。

------------------------------------------------------------------------------------------------