2017/08/08

コイン駐車場上に保育所 武蔵小杉駅


日本経済新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 東京急行電鉄と駐車場を活用した空中店舗事業のフィル・カンパニーは川崎市のコインパーキングの上に認可保育所を開設した。武蔵小杉駅から徒歩3分の場所に立地する。同駅周辺は大型マンションの分譲で子育て世帯が増え、保育需要も伸びている。保育所建設用地が不足するなか、東急子会社が運営する駐車場の上部空間を提供した。
 鉄道の高架下に保育所を開設するケースはあるが、コインパーキングの上を活用するのは珍しい。車両7台が駐車できるスペースの上に、2~4階建ての施設を整備した。
 保育所の入り口は1階にあるが、安全確保のため駐車場の出入り口から10メートル離した。保育所定員は60人で、延べ床面積は約540平方メートル。川崎市の認可保育所となり、市内の社会福祉法人が運営する。
 一般社団法人の日本パーキングビジネス協会によると、全国のコインパーキングは2015年4月時点で約6万5000カ所と、過去4年間で1.5倍に増えた。このうち東京都内は27%、神奈川県内は10%を占める。東急はコインパーキングの上を活用した保育所開設について「今後も沿線ニーズに合わせて前向きに検討したい」としている。

------------------------------------------------------------------------------------------------