2017/11/06

埼玉県戸田市、保育士の賞与上乗せ助成 




日本経済新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 埼玉県戸田市は2018年度から保育士の確保対策を拡充する。私立保育所を対象に、常勤保育士の冬の賞与に1人当たり20万円を上乗せ助成する。市内で働く保育士の子どもを最優先で入所させる制度も設ける。待機児童対策として17年度から3年間で市内の保育所の受け入れ枠を約1200人分増やす方針で、担い手の確保と定着を目指す。
 冬の賞与の助成は22年度までの5年間実施する方針だ。18年度は約600人分への上乗せ支給を想定しており、予算案に計1億2000万円を計上する予定だ。
 同市は今年度から新規採用の保育士に就職時に20万円、採用から1年たった時点でさらに10万円を支給する「就職支援給付金」を始めた。18年度からの冬の賞与上乗せを合わせると、就職から2年間で最大70万円を市から支給することになる。
 また、18年度から2年間、市内で働く保育士の子どもを最優先で保育所に受け入れる。入所選考時に親が常勤保育士の子どもはポイントを大幅に加点する。入所申込時に2~3カ所の保育所を希望すればほぼ確実に入所できるという。
 同市の待機児童数は県内で4番目(17年4月時点)に多い83人。18年4月に保育所の受け入れ枠を約550人分増やす予定で、新たに約100人の保育士が必要になる。保育士の待遇を改善することで、人材を確保したい考えだ。

------------------------------------------------------------------------------------------------