2018/03/21

埼玉県南部の自治体、保育士確保に本腰

保父さんと子供のイラスト
日本経済新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 埼玉県南部の自治体が保育士の確保に本腰を入れ始めた。賃金補助などの待遇改善に加え、職場環境全体の改善を産官学で議論する協議会を設置する動きもみられる。人口が多い県南部は待機児童問題が深刻なうえ、保育士給与が比較的高い東京都心やさいたま市に近いため人材確保で後れを取りやすい。保育士の職業としての魅力を高め、離職防止にもつなげる。

 2017年4月1日時点の待機児童数が県内で最も多い朝霞市は、19年度


------------------------------------------------------------------------------------------------