2018/03/22

認可外保育施設で“うつ伏せ死”施設運営会社や大阪市を提訴へ

ボタン電池を誤飲しそうな赤ちゃんのイラスト
MBS NEWS様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 大阪の認可外保育施設でおととし、当時1歳2か月の男の子がうつ伏せで寝ていて窒 息死する事故があり、両親が来月初めにも保育施設や大阪市などを相手に損害賠償を求める訴えを起こすことがわかりました。

 大阪市の浅野響翔ちゃん(当時1歳2か月)は、おととし4月、認可外保育施設「たんぽぽの国」で、うつ伏せで昼寝中に心肺停止の状態で発見されその後、死亡しました。食べたものを吐いてのどに詰まらせたことによる窒息死で、元施設長らが業務上過失致死の疑いで書類送検されましたが、嫌疑不十分で不起訴になっています。

 このため、両親は観察を怠り救急車を呼ぶまでに20分以上かかるなど、ずさんな保育だったとして、来月初めにも施設の運営会社などに損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こす考えです。

 「まず謝罪を求めたんですけど、(施設側が)法的責任は一切ないとおっしゃったので、やむなく最終手段で提訴という形になりました」(父・誠さん 34歳)

 また、大阪市に対しても適切な指導を怠ったとして、損害賠償を求めるということです。

------------------------------------------------------------------------------------------------