2018/04/24

子育てしやすい松江市

幼稚園の散歩のイラスト(カート)
読売オンライン様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 ◇全国自治体ランク11位

 ◇高い保育所利用率

 日経BP社(東京)の「日経BP総研」が初めて発表した「自治体子育てランキング」で、松江市が中四国地方で最も高い11位に入った。出雲市は29位だった。松江市は23日、市役所で記者会見し、「これまでの取り組みが一定の評価を得た」と喜んだ。

 調査は、全国の子育て世代を対象に行った。自身が住んでいる自治体の育児に関する18の質問を5段階で評価した「ヒト」、保育所の利用状況を調べた「モノ」、自治体予算のうち児童福祉費や教育費の充実度をみた「カネ」の3点で調査。「ヒト」で20人以上が回答した325の自治体をランク付けした。

 松江市は、保育所の利用に関する「モノ」が7位と高い評価を得た。同市では、0歳児の32・2%、1~2歳児の69・3%、3~5歳児の68・6%が保育所などを利用しており、いずれも全国平均を20ポイント程度上回った。「ヒト」は39位、「カネ」は37位だった。

 記者会見で同市は、民間保育所の施設増築に助成金を出すなどして、市内保育所の定員が10年前より2000人以上増えたと説明。ただ待機児童は今月1日現在で21人おり、舩木ふなき忠・子育て部長は「今回の評価を励みに、待機児童ゼロを達成してさらに子育てをしやすい松江にしたい」と話した。

------------------------------------------------------------------------------------------------