2018/06/27

23年度、保育新規受け皿59万人分必要 野村総研

協力して積み木を積み上げる子供たちのイラスト
日本経済新聞さま
------------------------------------------------------------------------------------------------

野村総合研究所は26日、25~44歳の女性の就業率が2023年度に80%に達した場合、保育の受け皿を59.9万人分整備する必要があるとの調査を発表した。政府は20年度末までに32万人分を整備する計画。それでもなお27.9万人分が不足するという計算だ。

 野村総研が今年4月、全国の未就学児をもつ女性4088人にアンケート調査した。国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計をもとに、調査で得た保育施設の利用状況、利用希望の有無、就労の意向などから試算した。

 政府は32万人分の受け皿整備で待機児童は解消するとしている。一方、野村総研は保育施設の利用希望を持つ専業主婦の86%が働く意欲を持っていた点に注目。潜在需要は多く、27.9万人分を追加で整備しなくてはならないとみる。

 調査では、18年4月時点で希望したにもかかわらず、保育施設を利用できなかった子どもは全国で34.8万人にのぼった。

------------------------------------------------------------------------------------------------