2018/06/19

道内の文化財を訪ねて 旧双葉幼稚園園舎 赤い丸屋根、幼児育む 歴史伝える備品も重厚 /北海道

北海道のキャラクター
毎日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

帯広市中心部から東に数百メートル。高く伸びたカシワやサクラの木々に守られるように、「旧双葉幼稚園園舎」がひっそりと建つ。昨年、国の重要文化財に指定された。「赤い丸屋根の幼稚園」として市民に親しまれ、十勝地方の幼児教育の礎となった建物だ。建設から1世紀近い歳月を刻んでいるが、斬新なデザインや機能性は色あせず、確かな存在感を放っている。【鈴木斉】

 幼稚園は1922(大正11)年に建てられた木造平屋。外観はドーム状の丸型屋根が大きな特徴だ。屋根の下にある園舎中央の遊戯室は八角形の造りで、天井は吹き抜けだ。上部に設けられた天窓や園庭に面した大きなガラス戸から光が差し込み、明るく開放的な空間を作り出している。

 敷地面積は約2260平方メートルで、園舎の総床面積は約300平方メートル。遊戯室の天井は床から約7メートルもある。きれいに磨かれた床と白壁の広い遊戯室の四方に保育室が配置され、どこからでも園児たちの姿が確認できるように工夫されている。

------------------------------------------------------------------------------------------------