2018/06/28

コープしが、初の認可外保育園 守山

マイホームのイラスト
中日新聞さま
------------------------------------------------------------------------------------------------

生活協同組合コープしが(野洲市)が手掛ける初めての認可外保育施設「コープもりのこ保育園」の竣工(しゅんこう)式が二十七日、守山市勝部三であった。

 内閣府の助成制度「企業主導型保育事業」を活用して、コープもりやま店の駐車場一画に木造二階建て、延べ床面積二百二十三平方メートルの施設を建設。古民家の居住空間をイメージして、国産のカラマツとしっくいを建材に用いた。

 社会福祉法人しみんふくし滋賀(近江八幡市)に運営を委託し、七月から保育サービスを始める。〇~二歳児が対象で、定員十二人のうち六人はコープしが職員の子を、残りは地域枠として地元の子を預かる。

 竣工式には組合や法人の関係者など四十人が出席。コープしがの西山実理事長は、職員の福利厚生を充実させると同時に、「地域の待機児童解消にも貢献したい」と述べた。

------------------------------------------------------------------------------------------------