2018/06/22

潜在保育士に県がDM 現場復帰呼び掛け 人手不足改善へ

手紙を運ぶ鳥のイラスト
佐賀新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

保育士資格はあるものの保育園などで働いていない約3000人の「潜在保育士」に向け、佐賀県は現場復帰を呼び掛けるダイレクトメール(DM)の送付を始めた。就労の相談体制や支援制度を紹介し、保育現場の人手不足の改善を目指す。

 県こども未来課によると、5月現在、県に登録済みの保育士1万2459人のうち、勤務している人を除く30~40代の3260人にDMを送る。6月から発送を始め、21日までに鳥栖市や唐津市など2市5町の1075人に送った。

 DMでは県が就職支援を目的に設置している「保育士・保育所支援センター」を案内し、唐津市が2018年度から復職者に準備金として20万円を給付する事業を始めたことなど、各市町の取り組みも紹介する。

 県が16年9月に県内の私立保育園を対象に保育士不足の状況を確認したところ、回答があった114園のうち88園が保育士の拡充を希望しており、不足数は合計で184人だった。

 政府は19年10月から幼児教育と保育を無償化する方針を示しており、入園希望者の増加が予想されている。こども未来課は「直接手元に情報を届けることで、復職を考えるきっかけになれば」と話す。

------------------------------------------------------------------------------------------------