2018/06/27

大分市 市立の幼稚園・保育園、統廃合と一体化推進へ 各区域に認定こども園 検討委方針案 /大分

ニューヨーク・マンハッタンのイラスト(ビル)
毎日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

大分市の市立幼稚園と市立保育園の今後のあり方を考える検討委員会(委員長=仲嶺まり子・別府大短期大学部学長)は25日、2019年度からの幼稚園・保育園の設置方針案を佐藤樹一郎市長に報告した。利用者が少ない幼稚園は段階的に統廃合を進める一方、市立の幼稚園と保育所の一体化を推進。多様化する保育ニーズに対応するため、地域の幼児教育・保育の拠点施設として、市内に13ある公民館区域ごとに原則1カ所の幼保連携型の市立認定こども園を整備することなどを盛り込んだ。

 方針案では、少子化が一層、進むことが懸念される半面、共働き家庭の増加や核家族化の進行などで、保育所などの利用希望者数は増加傾向にあると分析。各家庭が取り巻く環境もさまざまであり、それぞれのニーズにあったサービスが求められると指摘し、幼稚園や保育園の枠組みにとらわれずに幼児教育・保育の充実を図る必要性を強調した。

 また、幼稚園については、入園児数が14人以下となる場合は、段階的に休園や統廃合を実施。特に4人以下の場合は、翌年4月に休園とし、翌々年4月に統廃合するとした。

------------------------------------------------------------------------------------------------