2018/07/02

【台風7号】200人受験予定の保育士試験が中止 ネットで「悲報」「どうにかしてほしい」 困惑、再試験懇願の声も

南国の台風のイラスト
琉球新報さま
------------------------------------------------------------------------------------------------

 台風7号の接近に伴い、1日に県内で開催予定だった2018年度前期の保育士試験の実技試験が中止となった。約200人が受験予定だった。

 全国保育士養成協議会の担当者によると、再試験などの救済措置は検討しておらず、今回受験できなかった人は12月中旬の後期試験を受けるしかないという。

 インターネット上ではこの日に備えていた受験者が「悲報。平成30年前期保育士試験実技、台風の為中止に。」と悲痛な胸の内をつづっているのが確認された。

 琉球新報社にも受験者から「どうにかしてほしい」と訴える声が寄せられた。

 保育士試験の実施主体は各都道府県知事で、自然災害時などは各自治体が現地の状況を踏まえ、試験の中止などを決定する。

 協議会の方針として自然災害時で試験が中止になった場合、一貫して再試験を設けないことになっている。

 受験手数料1万2700円の払い戻しも「おそらく厳しいだろう」という。

 協議会の担当者によると、年間試験回数が1回だった2015年度までは、台風などで試験が中止になった場合は再試験で対応していた。16年度以降は年2回実施されるようになったため、特別な救済措置を取っていない。

 再試験に伴う問題の追加作成など負荷が大きいからだという。

 ある受験者は、半年後まで受験が持ち越される状況に「今までの苦労と時間、お金など考えると悔しい」と落胆した。沖縄の保育士不足解消の一助となるよう、再試験を検討するよう訴えた。【琉球新報電子版】

------------------------------------------------------------------------------------------------