2018/07/13

「神戸で保育士になって」 市長が大学生に呼びかけ 甲南女子大で 反応

幼稚園の散歩のイラスト
産経WEST
------------------------------------------------------------------------------------------------

大学生に保育士として働く魅力をアピールしようと、神戸市の久元喜造市長が同市東灘区の甲南女子大で講演した。久元市長は総合子ども学科の学生ら約160人を前に30分間、市の支援制度などを説明。「ぜひ神戸で保育士や幼稚園の先生になってもらいたい」と呼びかけた。

 市によると、今年4月1日時点の待機児童数は昨年(93人)を大きく上回る332人。市は民間保育所の整備などで定員拡大を図るが、一方で保育士の確保が急務となっており、市長が自ら対策に乗り出した。

 講演では、市内の共働き家庭が全国水準まで増え、保育所ニーズが高まっていることを説明。民間施設の保育士に対しては、採用から7年間で最大140万円の一時金や5年間の家賃補助などの支援を実施していることを紹介し、「待遇の改善に取り組んできた」と述べた。

 同大2年の上本彩加さん(19)は「保育士は給料が少ないと聞いて迷っていたが、目指したい気持ちが少し強くなった」と話した。

------------------------------------------------------------------------------------------------